• 会社概要
  • サービス概要
  • 商品紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

ホーム / 商品紹介 / 省エネ・地震関連商品 / 緊急地震速報小型受信機

商品紹介

緊急地震速報小型受信機

直下地震対応。「グラッ」をもっと早く伝える。

HomeSeismo(ホームサイスモ)端末は、(財)気象業務支援センターより緊急地震速報の配信を直接受信し、端末内で地震到達時間や深度予測計算を行い必要に応じて音声や接点で警報を出します。

特徴

緊急地震速報受信機 HomeSeismo(ホームサイスモ)は、内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知し、直下地震にも対応※ します。

地震発生に対してP波検知と、気象庁の緊急地震速報(予報)の2ルートを持っているため、より早く、より確実に地震の発生を警告し、地震災害を軽減できます。

※ 震源に近い地域では、緊急地震速報が間に合わないとされています。
(気象庁「緊急地震速報の限界」より)

複数P波検知「HomeSeismoアラート」

内蔵した地震計で端末が揺れを検知すると、HomeSeismoデータセンターに揺れが通知されます。
HomeSeismoデータセンターでは、都市部を中心に全国各地に設置されている複数のホームサイスモの揺れ通知を元に、地震(P波)なのか生活ノイズなのかを判定します。
地震(P波)と判定された場合は、揺れを通知してきた端末へ、その揺れが地震(P波)であることを返信します。

ホームサイスモがたくさん設置されると、さらに早く正確な地震情報を利用者と共有できます。

概略図

お問い合わせ

基本機能のご紹介

HomeSeismo 緊急地震速報概要

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、気象庁の緊急地震速報を受信し、地震が来ることをお知らせします。

端末が、設置場所情報を元に地震の到達時刻、震度を計算するので、ブロック単位で区分けする方式に比べて より精度の高い情報をお伝えします。

緊急地震速報は一つの地震に対して複数回送信され、情報が更新されていきます。
情報が更新されると、ホームサイスモでお知らせする震度・猶予時間も更新されます。

※音声ガイダンス発報設定内容は、震度で設定可能です。「0.5以上」から「6.5以上」を設定します。
※ 設定した発報震度の閾値を越え発報が開始された後、震度が変更され閾値を下回っても、お知らせする震度は更新されますが、発報自体は中断されません。
※ 猶予時間が0秒以下でも、設定した発報震度の閾値を越えていれば、発報を行います。

地概要震計内蔵 直下地震対応

HomeSeismo(ホームサイスモ)は地震計が内蔵されているため、端末自身が地震のP波(初期微動)を検知する事が可能です。
地震発生に対して気象庁の緊急地震速報(予報)と、端末自身でのP波検知の2ルートから情報を取得し、お知らせします。
それにより、より早く地震をお知らせし、被害を軽減させることができます。

IPネットワーク接続

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、今お使いのADSL以上のインターネット回線で接続できます。
また、セキュリティが心配な場合は、NTT東日本/西日本フレッツ網IPv6接続も可能です。

音声ガイダンス

HomeSeismo(ホームサイスモ)では、内蔵地震計機能を有効としている場合、ガイダンスは緊急地震速報と内蔵地震計でのP波検知の、より早く検知・受信した方を採用します。

緊急地震速報の方が早く受信した場合(主に震源地が遠い場合)は、緊急地震速報のガイダンスが流れ、内蔵地震計のP波検知は無視されます。

ガイダンスは、気象庁からの「高度利用者向け緊急地震速報のデータ(予報)」を使用し、「高度利用者向けガイダンス」と「一般向けガイダンス」の2種類の音声ガイダンスを標準で用意しています。(気象庁「一般向け緊急地震速報のデータ(警報)」は使用していません)

チャイム音についても、NHKチャイム音、REICチャイム音の2種類を標準で用意しています。

館内放送との連動

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、館内放送との連動が可能です。

接点出力により、放送機器の起動/終了の制御、また「放送開始遅延時間」の設定により、放送機器の起動時間分ガイダンスを遅延させ、ガイダンスの頭切れをなくすことが可能です。

夜間に緊急地震速報が放送されないように設定することもできます。
※ホームサイスモと館内放送との接続工事については別途お見積が必要です。

避難訓練/気象庁訓練法

緊急地震速報は、導入しただけでは即減災にはつながりません。

事前の対策を行っていなければ、むしろ緊急地震速報を聞いた人たちが慌てて避難するなどのパニックにより被害が大きくなることも考えられます。
事前の対策、定期的な訓練を実施することが重要です。

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、震度や猶予時間を設定して、様々なパターンの避難訓練が可能です。
気象庁が配信する訓練報にも対応しています。

気象庁キャンセル報

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、緊急地震速報のキャンセル報に対応しています。

キャンセル報は下記のような場合に気象庁より発表されます。

  • 1点の観測点のみの処理結果によって緊急地震速報(予報)を発信した後、所定の時間が経過しても2観測点目の処理が行われなかった場合
  • 小規模の地震だった場合

ホームサイスモの動作は下記2パターンがあります。

  • 緊急地震速報の音声ガイダンス発報中のキャンセル報受信
  • 緊急地震速報の音声ガイダンス終了後のキャンセル報受信(発表するか選択可)

HomeSeismoデータセンター

  • サーバ及びネットワーク設備は2重構成
  • ビル全体は免震構造(震度7相当に対応)、ラック本体は架台へ固定
  • ビル及びデータセンター設備は、建築法と消防法に則り施工
  • 2系統異変電所受電及び非常用自家発電施設
  • 警備員常時2名体制(24時間365日警備)
  • 7重セキュリティ対策
  • システム24時間365日監視
お問い合わせ

音声ガイダンスについて

使用データ:高度利用者向け緊急地震速報

直下地震イメージ:緊急地震速報を受信すると、緊急地震速報へ切り替わる

HomeSeismo(ホームサイスモ)では、内蔵地震計機能を有効としている場合、ガイダンスは緊急地震速報と内蔵地震計でのP波検知の、より早く検知・受信した方を採用します。
緊急地震速報の方が早く受信した場合(主に震源地が遠い場合)は、緊急地震速報のガイダンスが流れ、内蔵地震計のP波検知は無視されます。
内蔵地震計のP波検知が早かった場合(主に直下地震)は、P波検知のガイダンスが流れ、緊急地震速報を受信するとガイダンスは緊急地震速報へ切り替わります。

製品仕様

HS302P 製品仕様

製品名 HomeSeismo HS302P
特徴 地震計内蔵 緊急地震速報受信端末
インターフェイス 接点出力(C.OUT)×3
電源出力DC5V 常時(DC5V)×1
電源出力DC12V 制御可(RLY)×1
スピーカ出力(SPK)×1
LINE音声出力(LINE)×1
スイッチ(SW)×1
外部表示 2色LED×2
制御CPU 主制御32bit CPU
システム設定方法 Webブラウザ経由
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 本体定格15W
待機時3.5W、最大7.0W(参考値)
外形寸法 236(W)×198(D)×33(H) mm (突起物含まず)
本体重量 1.04kg
保証期間 購入後1年間
今後、改良に伴い、特に外形寸法・本体重量が変更になる可能性があります。
LAN I/F(NETWORK)
接続形態 RJ-45 10BASE-T/100BASE-TX
(自動MDI/MDI-X切替機能あり)
IP取得方法 IP固定・DHCP(IPv4)・自動取得(IPv6)のいずれか
動作環境
動作保証温度 摂氏0度~40度
動作保証湿度 20%~80%(相対湿度)ただし結露無き事
付属品
LANケーブル CAT5 ストレート結線 長さ3m
その他 インシュロック(押し込みタイプ)、取扱説明書(本書内に保証書)、平置き・壁掛け設置説明書、安全上のご注意、シリアルシール、ナベタッピングネジ×3、動作確認用スピーカ
※ 無料添付している動作確認用スピーカは、サポート範囲ではありませんので、 お問い合わせ等にはお答えできません。
接点出力(C.OUT)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
出力方式 C.OUT1、C.OUT2、C.OUT3:PhotoMOSリレー a接点出力 (本機電源断の際は開放)
※ PhotoMOSリレーはパナソニック電工株式会社の登録商標です。
備考 C.OUT1、C.OUT2、C.OUT3:最大定格 DC45V 800mA(AC30V 550mA rms)
※ 無極性・交流の場合、周波数は100Hz未満に限ります。
※ 動作は「放送連動(放送が流れている間、接点が動作)」かワンショット
(設定した出力時間、接点が動作)」を選択できます。
電源出力DC5V 常時(DC5V)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
備考 「OUT」表示側の端子の電圧が「GND」表示側の端子に対して、+5Vです。
本端子の最大出力電流は100mAで、自己復帰型ヒューズで保護しています。
本機内部の回路系の一部の電源と共通なので、本端子への接続機器の特性によっては、本機の動作に影響を与える場合が有りますのでご留意下さい。
※ 本端子に、外部から電圧を印加しないでください。故障の原因になります。
電源出力DC12V 制御可(RLY)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
備考 「+12V」表示側の端子の電圧が「GND」表示側の端子に対して、+12Vです。
本端子の最大出力電流は500mAで、自己復帰型ヒューズで保護しています。
本機内部の回路系の一部の電源と共通なので、本端子への接続機器の特性によっては、本機の動作に影響を与える場合が有りますのでご留意下さい。
※ 本端子に、外部から電圧を印加しないでください。故障の原因になります。
電源遮断用接点出力(シングルステイブル型のリレー)を採用しています。
スピーカ出力(SPK)
出力端子 ネジ式端子台(端子ネジM3)
出力方式 BTL型、平衡出力(音声出力:最大 1W)
出力インピーダンス:8Ω以上
備考 SPKの両端子共、C.OUTを除く如何なる本機の他の部分とも接続しないで下さい。
最大音量は、VOLつまみの設定にて変化します。
接続する機器の入力インピーダンスは8Ω以上の物を採用して下さい。
LINE音声出力(LINE)
出力端子 φ3.5ミニピンジャック(3極)
※ 2極の物や、φ2.5mmのミニプラグは接続できません。
最大出力レベル 600Ω系において、0dBm相当
※ 負荷のインピーダンスにより変化します。
出力方式 LINE出力、非平衡(片側接地・・・アース・GND)
接続相手機器の
入力インピーダンス
600Ω以上(推奨)
端子部アサイン 端子部アサイン
パソコン用の電源付スピーカーユニットを繋いだ場合は、左右同一(同相信号)の出力です。
備考 本端子には、外部から電圧を印加しないでください。
本端子の最大出力レベルは、VOLつまみの設定によって変化しません。

※本装置は通報を目的とするものであり、救助を約束するものでありませんので本装置を設置後、万一事故や損害が発生しても責任を負いかねますので予めご了承下さい。
※一部開発中の情報も含まれております。
※使用回線、回線状況によって通信できない場合があります。
※接続する機器によっては、別途電源等が必要になる場合があります。
※本製品に接続する機器につきましては予め動作確認が必要です。
※このホームページの内容は2010年8月現在のものです。改良の為、予告無く変更する場合があります。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る